background movie
HOME プロフィール

かっパクン

Author:かっパクン
神出鬼没のかっぱくんです。

(かっぱくんの目撃情報)
*琵琶湖に住んでいる。
*熊野川・長良川で泳ぐ。
*大声で独り言を言う。
*メタボ。

最新記事 最新コメント 最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

かっぱくんと川あそび

春の渓流釣り,夏の鮎釣り、秋の滝巡り、冬はスノーシューを履いて雪山に。かっぱくんの一年です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「和歌山の川」情報、往生際の悪い人達へ。

「あー、イイ天気だ。」
かっぱくん、鮎釣りの道具を車につんで、和歌山に向かいました。



有田川「神戸下」、ダム放流中で泥濁り。

DSCN0536_convert_20171102102731.jpg

有田川支流「修理川」、水は高め。

DSCN0544_convert_20171102102803.jpg

ヘチの大石には、ハミ跡が。

DSCN0546_convert_20171102102823.jpg

日高川「小家」、濃いササ濁り。

DSCN0557_convert_20171102102953.jpg

日高川支流「寒川」、ササ濁り。

DSCN0550_convert_20171102102928.jpg

岩盤の残りアカ、鮎の姿が確認できました。

DSCN0549_convert_20171102102908.jpg

富田川です。
かなり、水が出たようで川相が変わっていました。

中流部は石が出たり、砂が入ったり・・・。
下流部は流れが変わり、沈下橋も半分壊れています。

DSCN0568_convert_20171102103027.jpg

水は高めでクリア、川底は真っ白。

DSCN0616_convert_20171102103303.jpg

鮎がいるなら、少しはハミ跡があるのですが・・・、終了ですね。

DSCN0614_convert_20171102103226.jpg

日置川「口ケ谷」ササ濁り、ダム放水は止まっています。

DSCN0612_convert_20171102103207.jpg

底石も見えます、しかし、鮎は見えず。



「来週、また来ようかな。」

DSCN0600_convert_20171102103143.jpg

十津川支流「四村川」、惚れ惚れするようなキレイな川底。

岩盤プラス丸石、鮎さえ入れば「サイコー」・・・。

DSCN0619_convert_20171102103329.jpg

十津川、昔は最も遅くまで鮎釣りの出来る川だったのですが。

DSCN0622_convert_20171102103412.jpg

北山川「瀞流荘前」、ヘチの石にもまったくハミ跡がありませんでした。

DSCN0627_convert_20171102103428.jpg

「仕掛けを切られたままでは終われナイ、あのままでは・・・。」



たぶん、まだ「掛かる鮎」はたくさんいるはずです。





にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村


17.10.20日置川の鮎釣り「仕掛けをブチぎられたい」

「イイのが掛かるなー。まだまだ、若い。型もいい。」

DSC01946_convert_20171022164105.jpg

雨の中、「口ケ谷」の瀬。
掛かり鮎は、ほぼ18~21センチ。

DSC01941_convert_20171022163911.jpg

一昨日の「発電放水」で水位が増えてからは、たぶん竿が入ってないはず。

波立ちにオトリを入れます。
追い気のある鮎がいると、「一発必中」。

DSC01942_convert_20171022163946.jpg

瀬を2往復、時間は4時前。


「もう、十分にタノシンダ・・・。」
が、ひとつの疑問が浮かんできました。

「これだけの流れ、メタル003・フロロ015?
確かに掛かり鮎は、18センチ上なんだけど・・・。

こんなに、きゃしゃな仕掛けで瀬釣りって、イイのこれで?」

DSC01945_convert_20171022164018.jpg

「アー、仕掛けをブチぎられたい。そんな鮎をかけたい。」

自虐願望?
イイエ、鮎釣りに対する期待の表れ、マダマダヤメラレン。



ザバザバと流心まで立ちこみます。
オモリ1.5号をつけ対岸の瀬肩、波立ちにオトリをいれます。


「瞬殺」でした。

目印が上へ、上へと。
竿を立てると、一気に下へ走ります。

竿は満月、「ヨシッ!」
ためた瞬間に、天井糸が「ヒラヒラー」。



「理想の切られ方」、納得で竿をしまいました。

DSC01948_convert_20171022164146.jpg

台風一過。
次の「見込み」は、立ちません。





今日のナルホド87
「5月、6月・・・10月、11月。イイ鮎はイイ場所に必ずつく。」





今日の釣り場:日置川13匹(15~21センチ) 
                      
天気と水況:雨時々曇り・高め・濁りなし

釣り時間:10時~16時(実釣時間5.5時間)





竿:銀影エアMチューン9m
  
糸:T社ホワイトメタル003
  S社グランドマックス鮎015
  
針:О社忍6.5号3本錨 
    


*「3000匹釣り」、今シーズンもガンバルゾ!
  あと630ヒキです。





にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村


17.10.18日置川の鮎釣り「スイッチひとつで」

「これだから、ダム河川はイヤなんや。」
かっぱくん、川を見てぼやきます。

昨日の夜からダムの発電放水が開始され、水位が20~25センチ増えました。
水温の高い時期なら喜ぶべきコトなのでしょうが、10月終盤に向かうこの
タイミングはキツイ。
台風を見越しての放水なのでしょうが。



「スイッチひとつで、釣果が変わる・・・か。」

DSC01932_convert_20171022165134.jpg

今まで「ターゲット」にしていた、超チャラチャラの元気者たちはそろって行方不明。



神・「いれがかりおやじ」は、昼過ぎ「余裕のツ抜け」で、納得の納竿。

「お疲れ様でした。」

DSC01930_convert_20171022163417.jpg

「まさか、この時期にこんだけ川の中をウロウロするとは。」
雨の中、立ちこんで上へ、カミへ。

DSC01938_convert_20171022163709.jpg

「深トロ」、ここが正解でした。
でも、型は良いのですが、数がでません。

DSC01933_convert_20171022163526.jpg

4時前、「チャラチャラの元気者」たちを発見、マッキキ。
へちの小砂利底で、群れていました。

DSC01935_convert_20171022163643.jpg

今、日曜の夜です。
台風21号、大暴れ、暴風雨、大増水。

一昨日も日置川で、竿を出してきました。
でも、記事をアップするのは台風が過ぎ去ってから・・・、ウーン、複雑な気持ち。





今日のナルホド86
「変化のすくない川面だが、川底は場所によってかなり違う。」





今日の釣り場:日置川7匹(14~21センチ) 
                      
天気と水況:曇り後雨・やや高め・濁りなし

釣り時間:10時~16時30分(実釣時間6時間)





竿:銀影競技SF9.5m
  
糸:S社グランドマックス鮎0125
  
針:G社OF6.5号3本錨 
    


*「3000匹釣り」、今シーズンもガンバルゾ!
  あと643ヒキです。





にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村


17.10.12日置川の鮎釣り「イレガカリの神、降臨!」

川面から水蒸気が立ちのぼり、朝日に照らされ輝いています。
「神々しい」とは、正しくこのことか・・・。

DSC01915_convert_20171013200112.jpg

ジャーン、神降臨!いれがかりの神。

降臨したのはこの人、「根がかりおやじ」さんです。

DSC01919_convert_20171013200153.jpg

ビックリ、クリクリ、驚きました。

朝イチのイレガカリ、好ポイントにあたるとそれなりにあるのですが、今は10月。
でも、見るたびに竿が曲がっているのです。

連チャン、連チャン、止まりません。

DSC01921_convert_20171013200215.jpg

気になって、見に行きました。


オトリを離すと上にスルスル、糸いっぱいに泳いでいったと思ったら、キラキラピュー。
オトリを離すと下にシューッ、キラキラピュー。

人の釣った後も、オヤジさんのオトリが泳ぐと、キラキラピュー。



「根がかりおやじ、改め、入れがかりおやじ・・・、か。」


普通なら、根がかり・仕掛けトラブルで「ハイ終了ー。」となるのですが、
昼ご飯まで午前中4時間にわたり、「ワンマンショー」は続きました。

DSC01925_convert_20171013200235.jpg

この写真は、かっぱくんの釣果です。

ココロ乱されず、自分の釣りに徹しました。
が、おやじサンの午前中釣果に追いついたのは夕方4時前、その後、暗くなるまで
竿を出し「40匹超え」を目指したのですが、2匹足らず、無念。

DSC01926_convert_20171013200253.jpg

「いれがかり」。

その部屋の前に立ち、ノブをまわし、扉を開けることはけっこうあるのでしょう。
でも、中に入るのは難しい、しかも部屋の中で楽しむことなんて、シーズン中に数えるほど。
部屋に入っているのに気がつかない、いつのまにか退室、これもあります。


今回の「ワンマンショー」は、時間・場所・竿(10m)・糸(ナイロン0125)・ハリ、
釣り方(泳がせ)そして、技量、全てが噛み合った結果なのでしょう。

たぶん、かっぱくんが同じ場所を釣っても、同じ結果にはならないハズ、お手上げです。



まさか10月に・・・、本当にいいモノを見せていただきました。
「根がかりおやじ」さん、ゴチソウサマデシタ!





今日のナルホド85
「どこでも竿が入っているが、泳がせ釣りの竿抜けはあった。」





今日の釣り場:日置川38匹(12~16センチ) 
                      
天気と水況:晴れのち曇り・減水・濁りなし

釣り時間:7時30分~17時(実釣時間9時間)





竿:銀影エアMチューン9m
  
糸:S社グランドマックス鮎0125
  
針:G社OF6.5号3本錨 
    


*「3000匹釣り」、今シーズンもガンバルゾ!
  あと650ヒキです。





にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村


17.10.11日置川の鮎釣り「41ポロ、ポロ」

「今回の釣行が、夏の終わりになりそうだな。」
10月半ばに「夏の終わり」というのも変な話なのですが・・・、今日は暑い、とにかく暑い。

明後日からは、秋の長雨で一気に11月中旬の気候にというのも、おかしなもので。



「残された時間はあと少し、とにかく釣れる時にガンバッテ釣るぞ!」

DSC01907_convert_20171013200016.jpg

ポロ、ポロ、ポロ、ポロ。

「オスとメスが、はっきりわかる様になってきたな。」

DSC01912_convert_20171013200036.jpg

ポロ。

「デカイ、20センチ。まだまだ、良く引く、タノシイ。」

DSC01906_convert_20171013195943.jpg

ポロ、ポロ、ポロ。

陽が山に隠れかけても、ナントカ追いはあります。

DSC01917_convert_20171013200131.jpg

本日の釣果です。
この時期に、かっぱくん的日置川最高釣果はスゴイ!
9月末に買った「年券」も、元がとれました。

DSC01913_convert_20171013200055.jpg

前回気づいた「ハリのサイズを上げて水中バレをなくす」でしたが、ОF7.5の3本・
黒攻め7.25の4本と試してみたのですが、あまり効果は感じられませんでした。
逆に、石にハリが掛かりオトリの泳ぎに、悪影響がでた気が・・・。

ちなみに「ケラレ」に関していえば、ОF6.5の4本で改善されました。





今日のナルホド84
「足首ほどの浅場攻略、それが答え。」





今日の釣り場:日置川41匹(13~20センチ) 
                      
天気と水況:晴れ・減水・濁りなし

釣り時間:10時~17時(実釣時間6.5時間)





竿:銀影エアMチューン9m
  
糸:T社競技ハイパー01
  
針:G社ОF6.5号4本錨 
    


*「3000匹釣り」、今シーズンもガンバルゾ!
  あと688ヒキです。





にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村


検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。