background movie
HOME プロフィール

かっパクン

Author:かっパクン
神出鬼没のかっぱくんです。

(かっぱくんの目撃情報)
*琵琶湖に住んでいる。
*熊野川・長良川で泳ぐ。
*大声で独り言を言う。
*メタボ。

最新記事 最新コメント 最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

かっぱくんと川あそび

春の渓流釣り,夏の鮎釣り、秋の滝巡り、冬はスノーシューを履いて雪山に。かっぱくんの一年です。

17.10.4日置川の鮎釣り「ポロ、ポロ、ポロ」

「今日は、数釣りに徹するぞ。」

かっぱくんが用意したのは、細糸・小針。
そして、釣り座は「超チャラチャラ」。

掛かると「パシャッ」、背ビレが見えます。

DSC01884_convert_20171008183822.jpg

14センチの鮎。

ポロ、ポロ、ポロ、ポロ、ポロ。

DSC01881_convert_20171008183746.jpg

たまに16センチが、ポロ。

DSC01886_convert_20171008183839.jpg

まだまだ、若い鮎がポロ、ポロ、ポロ、ポロ、ポロ、ポロ、ポロ。



終われば、けっこうの数がヒキ船にはいっていました。

DSC01889_convert_20171008183904.jpg

問題発生!それは、「水中バレ」。
前回くらいから、気にはしていたのですが・・・。



今年は、海産遡上アユの河川でかなり悩まされました。
釣果の2~3割くらいは、発生していたみたいです。


原因は、追いが「弱すぎるコト」と「追いが強すぎるコト」、相反する2つ。

「弱すぎる時」は、水中で「キラキラ、ポロリ」ですが、「強すぎる時」は目印にも
まるで反応なく、気がついたら逆バリが切れていたとタチの悪い結果になります。

対策は「ハリ合わせ」。
ニューパラダイス川の場合は、「ОF6.5号4本イカリ」である程度抑えることができたのですが、
足羽川の場合はハリを替えてもまったく効果がなく、「カリカリ」が「アキラメ」に変わっていった
だけでした。

はたして日置川の場合は・・・。





今日のナルホド82
「水中バレ対策、川底が丸石で根がかりしにくいので、ワクチンは大バリか。」





今日の釣り場:日置川36匹(12~17センチ) 
                      
天気と水況:曇り時々晴れ・減水・濁りなし

釣り時間:10時~17時(実釣時間6.5時間)





竿:銀影エアMチューン9m
  
糸:T社競技ハイパー01
  
針:D社速攻S5.5号3本錨 
    


*「3000匹釣り」、今シーズンもガンバルゾ!
  あと742ヒキです。





にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。