background movie
HOME プロフィール

かっパクン

Author:かっパクン
神出鬼没のかっぱくんです。

(かっぱくんの目撃情報)
*琵琶湖に住んでいる。
*熊野川・長良川で泳ぐ。
*大声で独り言を言う。
*メタボ。

最新記事 最新コメント 最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

かっぱくんと川あそび

春の渓流釣り,夏の鮎釣り、秋の滝巡り、冬はスノーシューを履いて雪山に。かっぱくんの一年です。
2013年06月の記事

13.6.29安曇川広瀬の鮎釣り「解禁日、大鮎ラッシュ!」

「これは、マズイ。最悪のシナリオだ。」
やっと、掛かった鮎でした。
しかし、「親子ドンブリ」、呆然のかっぱくんです。

「切れない仕掛けでのぞんだのに・・・。上ツケ糸がすっぽ抜けてる、クソー。」



今日は、「安曇川広瀬地区」の解禁日、「場所取り」が激しくなると読んで、4時30分頃
から、川に入ったのですが・・・。

すでに良い場所は押さえられていて、どうにか「両台橋」下流の瀬に入ることが出来ました。

001_convert_20130630053058.jpg

「明るくなったら掛かるやろ。」
最初のうちは、「楽観視」していたのですが・・・、ぜんぜん掛からず。

周りの人は、ポロポロ掛けているのですが、かっぱくんだけ「カヤの外」。
そして、冒頭の出来事が。



「4時間釣って、マイナスイチか、キツイナ。」

006_convert_20130630053132.jpg

9時前に「場所替わり」、下流に向かって歩いていると、こんな「オイシイ場所」が
落ちていました。

「ナゼ、荒瀬の瀬肩が・・・、神様アリガトウ。」

021_convert_20130630053344.jpg

入れ即、「ビューン」で、竿をたてると「掛かり鮎」が上へのぼります。


「デカイがな!」

012_convert_20130630053215.jpg

20センチをオトリにすると、ふたまわり程デカイ22センチを連れてきます。

013_convert_20130630053245.jpg

瀬の中を釣ったり、瀬肩のトロを釣ったりで2時過ぎにはどうにか20匹。


「ひとやすみ」してからは、先程の荒瀬の下流の瀬を釣ります。

017_convert_20130630053304.jpg

高水の「一本瀬」、ひさしぶりに「ベタ竿」の引き釣りを楽しみました。

掛かり鮎は「真っ黄色の大鮎」。
瀬の中に立って、下がらずにブチ抜きました。

「ドンナモンダイ!」

020_convert_20130630053325.jpg

本日の釣果、どうにか「及第点」に。

025_convert_20130630053403.jpg

安曇川広瀬の解禁日、みなさん良く掛けておられたようで、平均30匹くらい、
場所によっては、80匹釣果の噂も・・・。

まぁ、驚くのは、鮎の大きさです。
「朽木解禁」以上の大鮎が出迎えてくれました。
今年の「安曇川」は、空前の「大鮎ラッシュ」。
これが終盤まで続いてくれたらと本当にほんとうに・・・心から、願います。





今日の釣り場:安曇川広瀬地区 
      
                計30匹(15~22センチ)



天気と水況:晴れ・10センチ高・濁りナシ
     
釣り時間:4時30分~17時30分(実釣時間13時間)



竿:D社銀影プロトギア9m
糸:G社メタブリッド006
針:O社スティング7号3本錨 
  O社シフト7号3本錨  








*目標の「1500匹釣り」マデ、あと919ヒキ。





ブログランキング投票
ヨロシクお願いします。
  ↓ 「ポチッ、入れ掛かり!」
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。